肌や体型の悩みは美容外科で改善できる|コンプレックスを解消しよう

女の人

紫外線や乾燥も原因の1つ

女性

目元や口元、額や眉間など顔のよく動く部分にできるのがしわです。そのしわがたくさんある場合や深く刻まれたものがある場合に老けた印象を与えることがあります。顔の印象を大きく左右してしまうので、なるべく増やさないよう早めにケアを行なっておきましょう。しわの対策を行なうためにはその原因を探ることが大切です。主な原因となっているのが紫外線や乾燥、加齢などでしょう。紫外線は太陽光に含まれており、肌に大きなダメージを与える有害なものです。曇りの日であってもこの紫外線は降り注いでいるといいます。紫外線が肌に当たるとコラーゲンやエラスチン、肌の細胞を傷つけてしまうのです。また、肌が乾燥した場合は潤いが失われ肌のバリア機能が低下してしまいます。バリア機能がなくなると水分が蒸発しやすくなり、肌の弾力が失われてしまうのです。加齢が原因になる場合も、肌のコラーゲンやエラスチンの生成が少なくなって弾力を保てなくなります。また、表情筋が衰えてしまい皮膚がたるむこともしわの原因になっているのです。紫外線の対策や肌の弾力を保つ成分を補うことでしわを薄くすることができるでしょう。

毎日のスキンケアでもしわがなかなか改善できないというときは医療機関で治療を受けることができます。美容に関する治療を行なっているのが美容外科です。表情筋の衰えが原因の場合はリフトアップを施してくれるでしょう。また、弾力を取り戻すためにヒアルロン酸を用いて解決することもあります。