オフィス移転時には貸事務所を契約【メリットをチェック】

相場を掴む

社内

賃貸料を比較

大阪で起業する方にとって気になるのが、事務所に関連する費用です。大阪で貸事務所を利用する場合、入居後の事業活動のため、机や椅子などの備品の購入や、電話やインターネット回線などのインフラ設備を整備する必要があります。つまり、事業を開始するまでにそれなりの初期投資が必要になるわけです。まとまった資金が必要ですから、個人、あるいは少人数での起業を考えている方々にとっては気になる点でしょう。しかしながら、貸事務所を拠点として長く大阪で事業展開することを前提としているならば、月々の賃貸料も考慮しておくことが大切になります。大阪は各区とその中のエリアにより相場が異なりますので、それぞれの賃貸料を坪単価で比較してみます。例えば200坪以上の大規模な貸事務所の場合、北区は13000円〜15000円ほどです。西区は12000円ほどで、中央区は10000円〜15000円ほどです。100坪〜200坪の貸事務所の場合、北区は11000円〜15000円ほどで、西区は10000円、中央区は10000円〜11000円半ばといったぐらいです。北区の中でも梅田地区が最も坪単価が高く、それ以下の規模の貸事務所においてもその傾向が見受けられます。いかがでしょうか。一口に大阪と言っても複数のエリアが存在し、その貸事務所の相場には少なからずバラつきがあります。自分が行うビジネススタイルや規模感と貸事務所のバランスを十分に検討することが重要です。

Copyright© 2018 オフィス移転時には貸事務所を契約【メリットをチェック】 All Rights Reserved.